元プロ野球選手、プロ野球コーチの白井一幸さんから野球に携わる人や選手たちへメッセージです。

野球少年がやる気に満ち溢れ、 自ら行動を起こし、 目指すべきゴールに到達できるようにサポートする

白井一幸さんの少年野球教室


子供達の無限の可能性を引き出し、開花させることは指導者の役割です。
年齢やレベルに応じて最も効果的な練習方法で、必要な強度や量のバランスをとりながら、
何より怪我をしないこと、そして野球への興味を膨らませることが大切です。


将来どうなりたいのか?どのような選手になりたいのか?
なりたいと思った時点で、そうなれる可能性が窮めて高くなる。
逆を言えばなりたい自分にしかなれないのですから、
子供たちが夢や目標を明確に、具体的にしていくことが、
指導者として一番最初の重要な役目ですね。

体も心も鍛えるには、猛練習は必要ですが、
それ以上に効果的に効率よく練習することのほうがもっと重要です。

指導者の役割とは選手の可能性を引き出し膨らませること、
指導者の成功とは選手が成功すること、選手にとって有効な指導こそが指導です。
自分のやりたい指導、独りよがりな指導、根拠のない指導は指導とはいえませんね。

指導者らしい指導より、選手にとってプラスになることこそが指導が求められます。
子供達の夢の実現、可能性を最大限伸ばしていくような指導者が増えることを望んでいます。

子供達の無限の可能性に係われる事は、とても魅力的ですし、責任重大ですね。

少年野球の外的コントロールを削減し、それに代わる指導の提案をしていきます。





 


-経 歴-
 

・1961年 香川県さぬき市生まれ。香川県立志度商業高等学校(現志度高校)、駒澤大学を卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムF's入団。
・1991年 自身最高の打率。.311でリーグ3位、最高出塁率とカムバック賞を受賞。
・1997年 日本ハムF'sの球団職員となり、ニューヨーク・ヤンキースへコーチ留学。この頃、トレイ・ヒルマンと知り合う。
・2000年 2軍総合コーチ、2001年二軍監督を経て、2003年からヘッドコーチ就任。在任中はリーグ優勝2回、日本一1回。
・2007年 シーズン終了とともに退団。
・2008年 カンザスシティーロイヤルズの特別コーチ兼スカウトアドバイザー
・2009年 野球解説、コーチングをテーマにした講演・セミナーで活動。
・2010年 野球解説、コーチングをテーマにした講演・セミナーで活動。
・2011年 横浜ベイスターズの二軍監督として現場復帰。
・2012年 横浜DeNAベイスターズの一軍内野守備走塁コーチとして、中畑新監督のもと優勝目指して活動。
・2013年 次のステップに進むべく充電期間として、内外の野球及びスポーツ全般を体感・勉強し現場復帰の準備。
・2014年 古巣日本ハムファイターズで、内野守備走塁コーチ兼作戦担当として現場復帰。レギュラーシーズン3位、CS決定戦ではSBHに惜敗でシーズン終了。
・2015年 球界一の若手集団で旋風を巻き起こし、悲願のリーグ優勝を目指し、結果リーグ2位。手応えを感じ来季へ。
・2016年 宣言通り日本一達成。ファンへの感謝を一層実感。
・2017年 連覇を狙える権利を掛けてシーズン突入も5位という結果。指導者として更に学ぶために球団を退団。
・2018年 アマチュア資格を取り、アマ野球の指導も活動開始。テレビ番組レギュラー、テレビ・ラジオの解説、講演会等幅広く活動中。日経トップリーダーコラム「育つ言葉」コラム連載開始

 

Blogブログ

価値を高める! [白井一幸さんの少年野球教室]

2021.03.06

価値を高める! [白井一幸さんの少年野球教室]

私達は、 行動を起こすことで成果、結果を生み出します。 行動力はとても重要です。 そして行動力を生み出す原動力は、 価値があるかどうかです。 私達は、 価値のあることにエネルギーを注ぎます。 そして価値とは自分で決めれるのです。 勉強することで生まれる価値は? 練習することで生まれる価値は? 良い点数を取ることで生まれる価値は? 上達することで生まれる価値は? 頑張ることで生まれる価値は? 〇〇をやることで生まれる価値? 人は問いかけられると、 答えを探します。 上記のような問いかけは、 あたりまえすぎて、 問いかけたりはしませんね。 勉強する、 練習する、 良い点数を取る、 上達する、 頑張るなどはあたりまえ! やらなければならないと決めつけて、 やらせようとしてしまいます。 しかし、 すべてに価値はあり、 その価値の素晴らしさを実感することが、 エネルギーになります。 やらされてやるのか? やらなければならないからやるのか? やりたくて仕方ないからやるのか? 大きな違いがありますね。 価値に気がつくかどうかだけの違いですね。 この気づきをきっかけを作るのが、 価値に対する問いかけですね。 人それぞれに価値観は違いますが、 どのような価値観を持つのかはとても重要です。 達成感、貢献などは、 プラスの価値観ですね。 素晴らしい価値を見出し創り出す。 価値は大きなエネルギーを生み出し、 行動力につながります。 私達親や指導者の役割は、 価値に気がつく、 価値を高める、 価値を創り出す支援、 関わりですね。 先日カーリング日本選手権で、 私の指導する北海道銀行フォルティウスが 優勝しました。 選手には、 優勝することで得られる価値、 練習に取り組む価値、 チームメイトを信じる価値などを 問いかけることが中心でした? そして選手が、 自ら価値を見出し創り出し、 大きなエネルギーを生み出し、 優勝することができました。  

0
メンタルタフネス! [白井一幸さんの少年野球教室]

2021.01.21

メンタルタフネス! [白井一幸さんの少年野球教室]

私達が日常生活、 社会生活を営む時に、 嬉しい、 楽しい、 幸福感などプラスの感情だけでなく、 悲しみ、 怒り、 不安や恐れなど、 様々なマイナスの感情も湧き上がります。 初めての経験だけでなく、 何度も同じような経験をしていても、 湧き上がってくるのが感情です。 そして、 この感情コントロールは、 簡単ではありませんね。 なぜなのでしょうか? それは湧き上がる感情、 特にマイナス感情は良くないものと捉えて、 抑え込もうとするからです。 感情は、 誰でも自然に湧き上がってくるものなのです。 抑え込むことは困難、 コントロールできません。 モグラ叩きゲームを、 延々と続けるようなものです(笑)。 ではどうすれば良いのか? それは叩くこと、 抑え込むことを手放せば良いだけです。 プラスもマイナスも、 全ての感情を 湧き上がるままに一旦受け入れてみてください。 否定するのではなく、 こんな気持ち、 こんな感情なのだと、 あるがままに受容するだけです。 まず第一段階は、 感情の受容です! コントロールできないことを、 コントロールしようとするので、 ストレスがかかります。 コントロールできないことは、 コントロールしない。 感情の受容、 これだけでも随分と楽になります。 不安なんだ! 心配なんだ! 悔しいんだ! 腹が立っているんだ! イライラしているんだ! と出てくるままに受け入れ、 他にはないの? なんて自分に問いかけながら すべて出し切ってしまうのです(笑)。 もう全部出た? この問いかけができるだけで、 思考回路が働き出します。 そして第二段階は、 思考と行動をコントロールするのです。 どのような結果を作り出したいのか? どのような信頼関係、 人間関係を築きたいのか? そのためにどのような行動が必要なのか? 思考と行動の焦点をゴールに合わせるのです。 そしてゴールに向けて効果的に、 思考と行動をすることですね。 大切にするべきことは、 湧き上がる感情なのか? それとも目指すゴールに向かうことなのか? どちらを選択するのかを決めるだけです。 感情はコントロールできませんが、 思考と行動はコントロールできます。 感情の受容、 思考と行動のコントロール、 これがいつでも、 どこでもできるようになれば、 メンタルタフネス! となれる訳です。 しかし、 いつでもどこでもできるようになるには、 繰り返し繰り返しトレーニングが必要です。 筋力トレーニングも、 筋力がつくまでは大変ですが、 やめてしまえば、 また筋力は落ちてしまいます。 メンタルトレーニングも同じです。 ついたとしても、 まだまだ続ける! 筋力以上に何歳になっても、 トレーニングを続けるだけ強くなるのが メンタルですね。 大谷翔平選手は、 メンタルタフネスプレーヤーです。 思考と行動が一致して、 いつでも効果的選択のできる選手です。 子供を指導する時に、 子供の成長に焦点を合わせて、 感情を受容し、 思考と行動をコントロールできるように、 まずは自らのメンタルタフネスが必要ですね!

0
トレーニング! [白井一幸さんの少年野球教室]

2020.11.25

トレーニング! [白井一幸さんの少年野球教室]

これから気温も下がり、 冬がやってきます。 野球選手の冬場のトレーニングと言えば、 体力トレーニングをイメージします。 私の現在時代の頃は、 長距離走などの走り込みや、 筋力トレーニングが中心でした。 私がもう一度同時に戻れるとすれば、 体力トレーニングより、 技術向上に時間を割きます。 野球は圧倒的に技術スポーツです。 技術無くして競技力向上はありません。 子供達であれば、 ボールを使ったスピードトレーニングや、 ボールを使ったコーディネーショントレーニングを 私は勧めます。 スピードやコーディネーショントレーニングは、 充分に体力向上に繋がります。 何よりボールを使ってトレーニングすることで、 ボール扱いも向上します。 現在のプロ野球界も、 シーズンオフのトレーニング方法は、 私の現役時代とは考えられないくらい 大きく進化しています。 私も指導者として、 大切にしているのは自分の経験ではなく、 今何が最も効果的なのかと言う事です。 最大限効率的に、 最大限効果的な取り組みとは何か? 常に学ぶことが大切です。 指導者は、 子供達の成長、成功を支援する 役割と責任を背負っています。 指導者は、 その言葉は、 その理論は、 その取り組みは、 その関わりは、 相手の成長、成功を支援しているかどうかに 焦点を合わせることが重要ですね!  

0
コミュニケーション! [白井一幸さんの少年野球教室]

2020.10.04

コミュニケーション! [白井一幸さんの少年野球教室]

コミュニケーションは、 質より量が大切だと思います。 確かに質は大切ですが、 まずは量が増えることが先です。 なぜなら私達が、 一緒にいたい! もっと話を聞いて欲しい! もっと話を聞きたい! この人といると楽しい! この人といると安心する! と思う人とコミュニケーションを取るからです。 この時点で人間関係、 信頼関係が構築できています。 何を言うかより誰が言うか! ですね。 これは子供達にとっても、 大人にとっても同じです。 人間関係、信頼関係を築くには、 何が大切でしょうか? 相手を、 相手の言葉を、 相手の行動を受け入れる、 受容が大切です。 一切のジャッジを手放して、 一旦すべてを受け入れる。 先ずは安心、安全空間、 安心、安全関係を築くことです。 そして、 相手の成長や成功を支援する関わり方。 それは相手の話をよく聞き、 相手の考えを深める問いかけをし、 相手が自ら答えを出す関わり。 これが質の高いコミュニケーションとなります。 やり方の前に在り方が、 コミュニケーションの量に表れます。 たくさんのコミュニケーションが取れる関係性を 築いていきたいですね!

0
メンタル! [白井一幸さんの少年野球教室]

2020.09.12

メンタル! [白井一幸さんの少年野球教室]

何をするにもメンタルは重要ですね。 特に緊張する場面では、 メンタルが大きく左右します。 みなさんは緊張は好きですか? 私は大好きです(笑)。 緊張している時に、 大丈夫!大丈夫! リラックスして行こう! と言われてリラックスできるでしょうか? 私は、 緊張感はなくてはならないものと捉えています。 なぜなら、 遊びだから失敗して大丈夫。 失敗しても誰にも迷惑はかからない。 こんな時には緊張しませんね。 一方で優勝を決める大切な試合。 失敗は許されない。 失敗するとみんなに迷惑がかかる。 大切な試合になればなるほど緊張は高まります。 だから私は、 緊張感は成功意欲と責任感の 裏返しだと捉えています。 緊張している自分に、 「何と成功意欲と責任感に満ち溢れた 素晴らしい状態なんだ!」 と自分に言い聞かせています(笑)。 選手にも、 「大いに緊張して、その緊張感を力にしよう!」 と伝えています。 なぜなら緊張感よ 「あっちに行け」 と言ってもあっちには行かないどころか、 もっと大きくなって襲ってきます。 だから緊張は、 成功意欲と責任感が旺盛な 素晴らしい状態とプラスと受け入れるだけです。 しかし、 緊張して失敗することを みなさんも経験しています。 だから緊張が嫌いになっています。 そして緊張して失敗した選手は、 このようなコメントをします。 「緊張して力みが出て 普段通りの動きができなかった」 「緊張して頭が真っ白になって、 パニックになった」 緊張感と言う心の問題ではなく、 緊張感からくる身体の力みと、 思考の停止が問題なのです。 心のコントロールは難しいですが、 身体と思考のコントロールは簡単です。 「右手を上げてください」 「ゆっくり深呼吸をしてください」 すぐにできます。 「狙い球は何?」 「集中すべきところはどこ?」 と問いかければ、 一気に考え始めて思考停止状態から抜け出せます。 緊張感と言う心をコントロールするのではなく、 緊張感からくる身体や思考を コントロールするのです。 緊張すると呼吸が早くなるので、 意識してゆっくり深呼吸すること。 身体中に思いっきり力を入れた後に脱力するとか、 イチロー選手のようにルーティンを取り入れるなど 意識して身体をコントロールする。 緊張してパニックになっている選手には、 集中すべきことや やるべきことを問いかければ、 冷静になれます。 何より大切なことは、 緊張感に対する捉え方、 コントロールの仕方です。 緊張感はアドレナリン、 火事場の馬鹿力を生み出します。 そして責任感と成功意欲に満ち溢れた 素晴らしい状態です。 だから私は緊張感を大切にしています。 子供達や選手達にも、 緊張感は素晴らしいことだと伝えています!  

0
声がけ! [白井一幸さんの少年野球教室]

2020.09.07

声がけ! [白井一幸さんの少年野球教室]

みなさんは、 どのような言葉を使って声がけをしていますか? 「今日の投手の高めのストレートは、 速くて伸びるから、絶対に手を出すなよ」 「高めのボールには注意していけよ」 「わかったな!」 よく野球のコーチが口にする言葉です。 何の疑いもなく、 やってはいけないこと、 注意することを伝えています。 伝えられた選手は、 やってはいけないことや 注意することに意識がいきます。 心の中で 「高めに手を出すな」 「高めに注意」 と高め高めへと意識がいきます。 どんどん高めを意識するあまり、 結果的に高めのボールに手を出してしまいます。 そしてコーチの出番です。 「打席に立つ前になんて言った?」 「今何に手を出した?」 「なんで言う通りにやらない?」 言ったにもかかわらず やらない選手の責任にできるのです。 やってはいけないことや注意事項は、 相手の責任にできるので、 私は指導者の保険と呼んでいます(笑)。 「低めを狙っていこう!」 「低めが得意だから必ず打てる!」 「君に任せたよ!」 やるべきこと、 意識するべきことを伝えることが、 集中力を高め成功の確率をも高めますね。 会社でも、 家庭でも、 スポーツチームでも、 やってはいけないことや注意事項が 飛び交っています。 そして自ら無意識に保険をかけています。 やるべきこと、 意識するべきことを伝えることは、 相手の成功を後押しします。 何気なく無意識で使うのか? 意識して効果的に使うのか? いつも前向きな、 相手の背中をそっと押す、 寄り添い、 支援する言葉は、 声がけはとても大切ですね。 やってはいけないことではなく、 やるべきことを伝えることですね!

0
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 白井一幸さんの少年野球教室
(シライカズユキサンノショウネンヤキュウキョウシツ)
住所 北海道札幌市
公式URL https://www.kazu-shirai.com/
白井 一幸 (シライカズユキ)
白井 一幸 (シライカズユキ)

香川県大川郡志度町出身の元プロ野球選手、プロ野球コーチ、野球解説者。