薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

学ぶとは、心に誠実を刻み付けること。
38年間の脳科学研究から培った知識とスキルを
わかりやすくお伝えします。


みなさま こんにちは。

私はGROWTH健康づくり協会で「脳科学的栄養学」を伝えている竹内久米司です。

「脳科学的栄養学」は私が初めて提唱している領域で、
脳神経細胞の“よりよく生きる“という本能を満たし、
良好な人間関係を構築しながら、豊かで幸せな生き方ができる幸せ脳、
すなわち「成幸脳」をつくることを目的としています。


この「成幸脳」つくりに欠かせない大切な三つの要素があります。

それは、

①「脳」を環境化学物質から守ること。

特に、脳の発生から発育段階にある胎児期や幼児期に、
母体を通して日用品に添加されている多くの環境化学物質に曝露されることで、
その後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があるからです。
そのため妊婦さんの日用品の選び方、ラベルの見かた、使い方には注意が必要です。


②「脳」が欲する食と栄養の摂り方。

脳は食べたものでつくられます。
日々の食生活の影響を最も敏感に受けるのが脳です。
ですから、脳の欲する食と栄養の摂りと方を知ることは、
健全な脳の機能と、こころを育てるうえでとても大切です。
現代の食環境や食習慣から脳が必要とする食と栄養を十分に摂ることが難しくなっているのです。


③脳の本能を満たす考え方や行動。

物事に対する解釈や行動の選択が人生の質を変えます。
人が感じる不幸感の多くは不満足な人間関係に起因しています。
“よりよく生きる”という脳の本能を満たす考え方や行動の選択で良好な人間関係を構築し、
豊かで幸せな人生をおくれる「成幸脳」をつくることができます。


以上の「脳科学的栄養学」の三つの視点から最新の情報を講演・講座活動あるいはHPで発信しております。


私の38年間に及ぶ脳科学研究を通して培った知識とスキルを活かして、
「脳科学的栄養学」をベースに皆様の暮らしに役立つ情報を、
わかりやすくお伝ええしてまいりたいと思います。
 

Adviceアドバイス

尿の色が変わった! どんな病気のサイン? [薬学博士からのアドバイス]

2021.10.14

尿の色が変わった! どんな病気のサイン? [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.176 ◇尿の色が変わった! どんな病気のサイン?   前回、腎臓と水分摂取についてお話ししましたので、今回は腎臓に関連の記事を紹介します。題してクイズで学ぶ「尿と病気の関係」です。   【問題】 正常な尿の色はわずかに茶色がかった淡い黄色ですが、これとは別の色の尿が出たときは、病気が原因である可能性が考えられます。 尿の色と病気の関係について、以下のうち間違っているものはどれでしょう?   •(1)尿が常に濃い黄色や濃い褐色の場合は、肝臓の病気が疑われる   •(2)白く濁った尿は、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎などの感染症が疑われる   •(3)ほんのり茶色がかったピンク色の尿の場合は、膀胱がんなどが疑われる   •(4)透明な尿が出る場合は、水分をたくさんとりすぎただけなので気にしなくてよい     さて、みなさんはどう考えますか?   尿の色が変わるといえば、一番よくあるのが血尿です。   普段より尿の色が赤いと気づきドキっとしたことありませんか?   血尿とは尿の中に血液(赤血球)が含まれている状態のことです。   尿を作る「腎臓」、尿をためる「膀胱」、尿の通り道である「尿管・尿道」のどこかに出血の原因となる病気が潜んでいる可能性があります。   血尿の色は、尿に含まれる血液の量に応じて薄いピンク色から真っ赤な鮮血までさまざま。   また、血尿が膀胱にたまって時間がたった場合は、褐色だったり黒っぽく見えたりすることも。 血尿は色の出方によって発生場所を推測することも可能です。   例えば、膀胱よりも上の臓器の血尿では尿がいったん蓄積される間に褐色に変化することが多く、逆に明るい色(ピンク色など)の場合は膀胱より下の血尿と考えられます。   痛みなど症状の有無も、病気を判断するうえで重要です。   脇腹が痛んで血尿が出た場合には尿路結石症が考えられます。 腎臓の中でできた結石が尿管に流れ出たときに粘膜が傷つき、血尿となるからです。 また、血尿が出た後に下腹部や尿道付近が痛む場合には、急性膀胱炎や前立腺炎が疑われるとのこと。    注意したいのは、こうした症状がほとんどなく、突然血尿が出た場合は腎臓、膀胱、尿管のがんが疑われるので、素人解釈をしないですぐに専門医を受診しましょう。   それでは、血尿以外の色の変化ではどのようなものがあるでしょうか。   基本となる正常な尿の色は、淡い茶色から黄色です。これが、汗をかいたり水分不足になると、濃い黄色や茶褐色となります。高熱が出たときなども濃縮されて濃いいrになります。   逆に、水のような透明な尿が出る場合もあります。 水分をたくさんとりすぎたときなどに起こりますが、それ以外でも糖尿病や腎臓病などで尿の量が異常に多くなると、色が薄まって無色になります。   無色透明の尿が何日も続くようなら、疾病を疑って診察を受ける必要もあります。   水分不足などの原因がないのに、尿が常に濃い黄色や濃い褐色をしている場合は、肝臓の病気が疑われます。   肝臓に障害が起こると、黄疸の原因となるビリルビンという胆汁色素が血液中にたくさん流れ出し、それが尿からも排泄されるようになるからです。   こうした肝臓疾患による尿の色の変化は、かなり症状が進んだ場合に起こります。   白く濁った尿は、尿道炎、膀胱炎、腎盂(じんう)腎炎などの感染症が疑われます。 白くなるのは尿に白血球や細菌が混じるため。 排尿時の痛み、発熱、血尿などの症状にも要注意です。   朝起きたらまずトイレという人は多いでしょう。   朝いちばんの尿にはさまざまな情報が詰まっているので、尿の色の変化を確認し、病気のサインを早めにキャッチしましょう。   正解(間違っているもの)は (4)透明な尿が出る場合は、水分をたくさんとりすぎただけなので気にしなくてよい です。   糖尿病や腎臓病などで尿の量が異常に多くなると、尿の色が薄まって無色になることがあります。    

0
腎臓の負担を減らすには、水分を控える方がよいか? [薬学博士からのアドバイス]

2021.10.10

腎臓の負担を減らすには、水分を控える方がよいか? [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.175 ◇腎臓の負担を減らすには、水分を控える方がよいか?   今回は腎臓と水分摂取について、クイズで学んでいきます。   【問題】 腎臓は尿をつくる大切な臓器ですが、腎臓の機能が低下している人は、できるだけ腎臓の負担を減らす必要があります。 そこで、尿のもととなる水分の摂取は、減らしたほうがいいのでしょうか? それとも、減らさないほうがいいのでしょうか?   •(1)水分は減らしたほうがいい •(2)水分は減らさないほうがいい   さて、みなさんは、どのように考えますか?  選択してください   解説 健康診断の結果、腎機能の低下を指摘されたら、腎臓の負担を減らさなければと考えると思います。 その時迷うのが水分のとり方です。実際には、水分摂取を控えるようにする人が多いのが実情です。   でも、水分をとらないと、逆に腎臓に負担がかかるので注意が必要なのです。   腎臓は1日約150リットルもの血液をろ過し、それをさらに100倍に濃縮して約1.5リットルの尿を生成しています。   しかし、腎機能が下がると尿を濃縮する力が落ち、濃い尿を作ることが困難になります。   同じ量の老廃物を処理するには、代わりに薄い尿をたくさん出すしかなくなります(図参照)。   腎臓の病気のスペシャリストである、横浜市立市民病院腎臓内科長の岩崎滋樹医師は「尿をたくさん作るには、当然たくさんの水が必要です。 水分摂取が腎臓の負担になる、水は飲まないほうがいい、と誤解する人が本当に多いのですが、まったく逆です。腎臓にとっては、水を飲んだほうが毒素を外に出しやすくなります」と指摘しています。   高齢者の中には、水分をしっかりとると夜中のトイレ回数が増えてしまうのではないか、と心配する人も多いはずです。   しかし、腎臓が夜間しっかり働くためには、体の中に十分な水分が必要となります。   意外に思うかもしれませんが、実は腎臓は活動量の多い昼間は、血液を他の臓器と奪い合って老廃物を処理しています。   一方、活動量が少なくなる夜は、多くの血液を腎臓で使うことができます。   腎臓機能が低下すると、昼間に限られた量の血液から尿を作るのが難しくなり、その分が夜に持ち越されて、夜間の尿が増えることになる。   したがって、腎機能が落ちれば、夜間の尿量が増えるのは当然のことなのです。   ですから、水分摂取を控えてしまうと、腎臓が老廃物を排出しきれなくなったり、夜中に脱水に陥ったりすることにもなります。   腎機能が落ちてきた人は特に、水分をセーブしないできちんととるようにしましょう。   ただし、体重が増えないように、すなわち浮腫が出ない範囲にとどめておくことが大切だと、岩崎医師は指摘しています。   また、夜間頻尿が気になる人は、水分ではなく、塩分を控えるのがよいとのこと。   夜間頻尿の原因は、水分より、塩分のとり過ぎであることが多いからだと岩崎医師。   塩分には水を引っ張ってくる性質(保水作用)があるため、体内の塩分量が増えると、水が細胞の中にたまりやすくなります。   これがむくみの正体です。   体にたまった水分は夜になって処理されるため、塩分摂取が多いと、夜中の尿量が増えてしまう。   したがって減塩すれば、体に水分をため込む力が弱くなるので、夜中の尿量の減少につながります。   夜間頻尿には水の飲み過ぎも影響しますが、一番の原因は塩分のとり過ぎなのです 。 夜中にトイレに行く回数が多い人は、塩分を抑えてみましょう。   正解は、(2)水分は減らさないほうがいい です。

0
最新研究から判明、筋肉を増やすたんぱく質の摂り方① [薬学博士からのアドバイス]

2021.09.30

最新研究から判明、筋肉を増やすたんぱく質の摂り方① [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.174 ◇最新研究から判明、筋肉を増やすたんぱく質の摂り方①   「筋肉を増やしたい、でも筋トレは嫌い、続かない」という人に朗報です。   これまでは、筋肉を増やすには筋トレが必須とうのが常識。   でも、「ほんの少したんぱく質摂取量を増やすだけで、筋肉量が増える」という注目すべき研究結果が報告されましたので2回に分けて紹介します。   さて、誰でも知っているように、たんぱく質は三大栄養素のひとつで、筋肉(骨格筋)や肌、髪、爪、臓器、細胞、血液など体をつくる材料に。   また、生きていくうえで欠かせない必須栄養素です。   タンパク質の1日摂取量と筋肉量の関係についてしらべた、これまで多数の研究報告を分析した結果、新たな3つの新事実が明らかになってきました。   まず、一つ目は、1日のタンパク質摂取量を増やせば、性別や年齢、筋トレの有無にかかわらず、一定レベルまで筋肉量は増加するという事実です。   従来から、たんぱく質摂取と筋肉量の関係については、筋トレを組み合わせれば増加するとの研究報告はありました。   しかし、今回の分析結果のように筋トレをしなくても、たんぱく質の総摂取量を増やせば筋肉量が増加することを科学的に示したのは世界で初めて。   普段たんぱく質を少ししかとっていない人こそ、摂取量を増やすだけで一定レベルまで筋肉を増やすことができるということが確認できたことは、筋トレ嫌いの人には朗報です。   さらに、二つめはそして、今より1日のたんぱく質摂取量を体重1kg当たり、たった0.1gプラスするだけで、筋肉量が2~3カ月間で平均390g増えるということです。   体重1kg当たり0.1gは、体重50kgの人なら5g、60kgの人なら6g、70kgの人なら7gに相当します。   具体的には、ゆで卵1個(60g)には7.7gのたんぱく質が含まれます。   つまり、今の食事に5~7gたんぱく質を足すだけなら、誰でも簡単に実行できるということです。これも朗報です。   最近、筋肉の重要性やその原料になるたんぱく質の必要性が、注目されています。   それは、国内外の研究で、筋肉は単に体を動かし支えるという機能だけではなく、私たちの健康に重要な働きを担っていることが新たに分かってきたからなのです。   重要な働きとは、体の健康を保つうえで良い働きをするマイオカインという生理活性物質を分泌しているということによります。   マイオカインは脳、肝臓、骨、脂肪など他の臓器と連絡を取り合って代謝機能を調節していることが分かってきました。 筋肉は、体の4割を占める最大の臓器です。   マイオカインの働きの一つに、糖の取り込みと肝臓での脂肪の分解を促進する作用があります。   筋肉量の少ないやせた女性が糖尿病予備群の耐糖能異常になりやすいのは、筋肉が果たす代謝機能が働きにくくなっているからだと説明できます。   やせてきれいになりたいとダイエットをする女性は多いのですが、それを繰り返すと脂肪と一緒に筋肉も落ちて、やせていても糖尿病などの生活習慣病になりやすくなるので注意が必要です。   実際に18~29歳のやせ形の女性は、同年代の標準体重の女性と比べて、糖尿病予備群である耐糖能異常の割合が7倍も高かったとの研究結果も報告されています。   やせた女性は筋肉量も少ないために、肥満の人と同じように血糖値を下げるインスリンが効きにくい状態になっていることが分かったのです。   筋肉が増えると新たな血管ができて血液の循環が良くなり、高血圧予防に。また、筋肉には体に必要な水分を保つ役割もある。   高齢者が熱中症になりやすいのは筋肉が少ないために保水機能が低いからともいわれます。 つづく

0
運動で脂肪を燃焼させるなら午前より午後、運動前にカフェインを! [薬学博士からのアドバイス]

2021.09.23

運動で脂肪を燃焼させるなら午前より午後、運動前にカフェインを! [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.173 ◇運動で脂肪を燃焼させるなら午前より午後、運動前にカフェインを!   運動習慣のある男性を対象としたスペインの研究により、日頃から運動している人では有酸素運動の30分前に多めのカフェインを摂取すると、運動中の脂肪の燃焼が活発になること。   さらに同じ運動でも、午前より午後に、それもカフェイン摂取後に行った方が、脂肪の燃焼は大きくなったという報告です。   これまでの研究報告から、運動時の脂肪の燃焼は午前より午後のほうが活発に起こること、また、持久力を必要とするアスリートの有酸素運動の能力は、朝と夜は低く、午後に最高となることが示されていました。   また、カフェインは、有酸素運動とレジスタンス運動(いわゆる筋トレなど)のいずれにおいても疲労の回復に役立つとされてきました。   さらに、カフェインを摂取すると、運動能力の日内変動が小さくなることなども示されています。   今回の実験では、15人の健康な男性(平均年齢32歳)を対象に、日常的なカフェイン摂取量は1日に50mg未満。全員が、週3回以上の持久力トレーニングを、最低2年間継続していた。   実験では、これらの男性に、1週間おきに計4回、自転車エルゴメーターを用いた運動を午前と午後に実施。運動開始の30分前に、カフェイン飲料(体重1kg当たり3mgのカフェイン粉末を250mLの水に溶かしたもの)またはプラセボ飲料(セルロース微結晶を250mLの水に溶かしたもの)のいずれかを用意しランダムな順番で全て経験してもらった。   自転車エルゴメーターを用いた運動は、午前の場合は8時から11時、午後の場合は17時から20時に実施。   まず、最大値より低い強度でウォームアップを開始し、1分間に60~100回転を維持しつつ、負荷量50ワットで3分間継続、その後3分ごとに負荷量を25ワットずつ高めて、ガス交換比が1.0になった時点で5分休憩た。   脂肪燃焼の状態を示す最大脂肪酸化率(MFO;g/分)はこの運動の間に測定。   休憩終了後は、先ほどと同じウォームアップを行い、続けて、1分ごとに50ワットずつ負荷を高めて、限界になった時点で休憩しました。 この運動の間に、人が体内に取り込むことのできる酸素量の1分間あたりの最大値を示す、最大酸素摂取量(VO2max;mL/kg/分)を測定。 VO2maxは持久力の指標として用いられている。   すべての実験が終わってから、運動を行うタイミングとMFOとVO2maxの関係を分析。   その結果、プラセボ群、カフェイン群のいずれにおいても、これらの測定値は、午前に比べ午後のほうが高くなった(統計学的有意差あり)。   また、プラセボ摂取後に比べ、カフェイン摂取後の方が、午前、午後ともに、これらの測定値が高くなった。   カフェインは、午前中のMFOの平均を10.7%上昇、午後には29.0%も上昇させた。   VO2maxも同様で、カフェインは、午前中のVO2maxを3.9%、午後には3.2%上昇させた。    以上の結果は、有酸素運動による脂肪酸化率に日中差があることを改めて示し、また、運動前のカフェインの摂取は、運動のタイミングが午前か午後かにかかわらず、脂肪の燃焼と持久力を上昇させた。   さらに、脂肪の燃焼は、午後に、カフェインを摂取してから30分後に運動を開始した場合に最大になることも明らかになった。   今回実験に用いられたカフェインの量は、欧州食品安全機関(EFSA)が2015年に公開した「カフェインの安全性に関する科学的意見」(参考資料:食品安全委員会ファクトシート)において、急性カフェイン中毒などの健康への危険は生じないとされた量(健康な成人において、1回当たりカフェイン200mg〔体重70kgの成人の場合、約3mg/kg〕)。   また、上記のファクトシートには、通常の飲料に含まれるカフェイン量の例として、コーヒーは60mg/100mL、インスタントコーヒー(顆粒製品)は57mg/100mLと記載されており、今回の実験に用いられたカフェイン飲料は、それらより多いカフェインを含んでいた。    原著論文 Ramírez-Maldonado M, et al. J Int Soc Sports Nutr. 2021 Jan 7;18(1):5.    

0
オートファージ―は免疫の一部でもある③ [薬学博士からのアドバイス]

2021.09.16

オートファージ―は免疫の一部でもある③ [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.172 ◇オートファージ―は免疫の一部でもある③   オートファジーが細胞の中で免疫の働きを担っていることがわかってきています。   細胞内の掃除役であるオートファージ―は細胞内を広範に掃除する機能は勿論ですが、狙撃手のように特定の対象も狙い撃ちできます。   従来、免疫が働くのは細胞の外の世界だと考えられてきた。   例えば、血液にいる細菌は免疫細胞が察知して殺してきましたが、当然、細菌は殺されないように逃げ回ります。   そして、細胞の中に逃げ込む細菌も出てくることに。   この細胞内に逃げ込んだ細菌には免疫細胞は対応できないとされていました。   それが、オートファージ―によって逃げ込んだ細菌も退治してくれることが明らかになったのです。   ウイルスの中でも、アデノウイルスやヘルペスウイルスはオートファジーによって狙い撃ちできるのです。   オートファジーと老化や病気との関係は、哺乳類のマウスでの実験によって因果関係は証明されているため、人間にも当てはまる可能性が高い。   すでに人間でも相関関係は見られるため、今、世界中で、オートファジーの活性を上げて、病気を防ぐ薬の開発が進でいます。   私も長い間、医薬品研究開発の現場にいましたが、オートファージーの発見で全く開発の視点が変わった感がします。   さて、このオートファージ―を日常生活のなかで活性化できないものだろうか?だれしも、期待するところですが、実は最も手軽なの方法があるという。   それがが運動だというのです。    また、オートファジーを活性化させる食品成分の研究も進んでいます。   代表的な成分がスペルミジン。   細胞の増殖に関わる物質であるポリアミンの一種で、豆類や発酵食品に多く含まれている物質です。   最も有名なのは納豆で、ほかにも味噌や醤油、チーズが有名。   動物実験ではスペルミジンの摂取量が多いと、オートファジーが活性化し、心不全になりにくいとの報告もあります。   ほかにオートファジーを活性化させる成分としてレスベラトロールが知られている。   これは、ブドウや赤ワインに含まれるポリフェノールの一種。   また、食べる量も重要です。   カロリー制限によって、動物では寿命が延びるが、それはオートファジーを介した作用だとわかっています。   カロリー制限には、一日一食抜くといったプチ断食も含まれます。   そういったプチ断食を時には行う、というのならばやりやすいかもしれないですね。   嬉しいニュースです。    

0
オートファジーは老化とも関わりが深い② [薬学博士からのアドバイス]

2021.09.09

オートファジーは老化とも関わりが深い② [薬学博士からのアドバイス]

脳科学的栄養学No.171 ◇オートファジーは老化とも関わりが深い②   細胞内のオートファジーの存在は50年以上前からわかっていいましたが、働きが不明で長い間ほとんど注目されていませんでした。 しかし、ノーベル賞を受賞した大隅良典さん(東京工業大学特任教授)が1990年代初頭に、専門の酵母でオートファジーに必要な遺伝子を見つけたことで一気に注目を集め、さらに吉森教授らが人間にも同じ仕組みがあることを解明し、世界中で研究が加速した分野です。   オートファジーの機能は加齢とともに低下することから、最近、オートファジーは老化とも関わりが深いことが明らかになってきました。   特に吉森教授が発見した「ルビコン」と呼ばれるたんぱく質が老化と深くかかわっていることがの分かってきました。   これまで、オートファジーを促進するたんぱく質はいくつも見つかっていたが、新たに発見された「ルビコン」は逆にオートファジーのブレーキ役を果たすというものです。   しかも、これが加齢とともに増えることから、オートファジーも低下することが判明してきました。   そこで、この老化に深いかかわりのあるルビコンの動きを抑えたら老化は止まらないだろうか。   夢のような話ですが、実は動物実験では証明されているのです。   その実験とは、遺伝子操作でルビコンの働きを抑えた線虫で実施したところ、オートファジーの活性化が維持され、寿命が平均20%延びたという驚くべき結果が得られています。   さらに、寿命が延びただけでなく、老いても活発に動き続けたということです。    吉森教授らの実験では通常の線虫の2倍は動いたとのこと。これは、80歳の人間がフルマラソンを涼しい顔で走るようなものだそうです。   すごいことです!!   また、ルビコンの働きを抑えることで加齢に伴ってかかりやすい病気を防ぐことも解明されつつあります。   多くの病気で、オートファジーが低下すると病態が悪化するとわかってきたからです。   人類の永遠の夢である「不老不死」はともかく、少なくとも健康寿命は延ばせるのではないかと期待が膨らんでいます。   具体的な例では、脂肪肝では、ルビコンを働かないようにすることで、オートファジーが機能して脂肪の分解が進み、肝臓内での脂肪蓄積を防ぐ可能性が大きくなってきています。   吉森教授が高脂肪食を与えたマウスの肝細胞で実験したところ、脂肪肝ではルビコンが増えていることを発見。   一方、ルビコンの遺伝子を破壊したマウスに高脂肪食を食べさせ続けても、脂肪肝にならなかったとのこと。    また、アルツハイマー病など神経変性疾患にもオートファジーの機能低下との関係が指摘されています。    神経細胞は他の細胞と違って分裂しません。   まさに一生もので涯使います。新しい細胞に入れ替わらないため、細胞の中の掃除役オートファジーの働きが特に重要となります。   老化によって、オートファジーが働かなくなると、異常なたんぱく質などが蓄積され、これが神経細胞を壊すので、結果的に、アルツハイマー病やパーキンソン病といった病気が誘発される可能性が高まります。   実際、遺伝子操作で脳にオートファジー機能がないマウスをつくったところ、すべてがアルツハイマー病に似た症状をしめしたという。   つづく

0
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス
(ヤクガクハクシタケウチクメジサンカラノアドバイス)
住所 東京都調布市
竹内 久米司
竹内 久米司

1943.6.12 東京生まれ
薬学博士

GROWTH健康づくり協会 代表

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  顧問

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  認定シニアプロスピーカー

一般社団法人
 福島県セラピスト協会
  顧問